Image 1 1024x682

各肌タイプに対応するココママのすばやく簡単なスキンケアルーチン

ココママの肌タイプごとの迅速で簡単なスキンケアルーチン肌の

スキンケアは、最適な健康と外観を維持するための重要なステップです。最近の市場には、肌の老化の兆候すべてに対抗すると主張するスキンケア製品がたくさんあります。しかし、これらの製品がどれほど効果的であっても、効果的なスキンケアルーチンを作成して従う方法がわからなければ、効果は最小限またはまったくありません。 

さらに、すべてのスキンケアルーチンがどの肌タイプでも機能するわけではありません。あなたは最初にあなたの肌のタイプが何であるかを知る必要があります。そうすれば、クレンザー、トナー、保湿剤、その他の重要な製品とステップからなるパーソナライズされたルーチンをまとめることができます。ココママは、肌のタイプごとに最適なスキンケアルーチンを考案するのに役立ちます。詳細については、以下をお読みください。

迅速で簡単な5ステップの 乾燥肌のためのスキンケアルーチン

乾燥したタイトな肌は、適切にケアしないと、かゆみや痛みを感じるだけでなく、薄片状で赤く見えることがあります。自然に乾燥肌がなくても、冬の間は肌が引き締まり、乾燥しているように感じることがあります。乾燥肌を手早く効果的にケアする方法は次のとおりです。

マイルドで優しいスキンクレンザーを使用する

アルコールや香りのないクレンザーを選択してください。このような化学物質は乾燥肌を刺激する可能性があります。しかし、クレンザーが肌の汚れやメイクを効果的に取り除くことができることを確認してください。肌の水分をはがさないようにするには、オイルベースまたは天然のクレンザーを選び、角質除去や泡立ちのあるクレンザーを避けてください。これらは肌をより乾燥させます。

トナーの使用を検討してください

トナーは必要ありませんが、余分な油や化粧を取り除き、乾燥肌をリフレッシュして落ち着かせるのにも役立ちます。アルコールを含まないトナーを選択するようにしてください。これにより、肌がさらに乾燥する可能性があります。トナーを塗った後に皮膚が刺され始めた場合は、皮膚を刺激するリスクを減らすために、トナーの使用量を減らしてください。

マスクを週に1〜2回使用する

保湿マスクを週に1〜2回使用して、肌がしなやかで潤いを保つようにします。シートマスクには保湿成分が含まれており、乾燥した肌や炎症を起こした肌のパッチを減らすのに役立ちます。

クリームで保湿

洗顔後、ローションではなくクリームや軟膏でお肌に潤いを与えます。ローションには、乾燥肌を落ち着かせるオリーブオイル、シアバター、石油を含むクリームや軟膏を使用するのとは異なり、肌をさらに刺激する可能性のある化学物質が多く含まれています。

水ベースの日焼け止めを

選ぶUVB光線は肌に簡単にダメージを与える可能性があるため、特に乾燥肌の場合は、常に使用する必要がある最も重要な製品の1つは日焼け止めです。製品が毛穴を詰まらせるのを防ぐために、水性の日焼け止めを使用してください。

脂性肌のための迅速で簡単な5ステップのスキンケアルーチン

あなたの皮脂腺が過剰な油を生成し始めるとき、あなたは脂性肌を持っている可能性があります。体の自然な油分分泌プロセスを止めることはできませんが、次の手順に従って、脂性肌の管理とケアに役立てることができます。

1日2回顔を優しく洗う1日2回顔を洗う

穏やかなクレンザーで温水。通常のクレンザーは肌の脂性を低下させないため、どのクレンザーがお肌に最適かを選択するのは難しい場合があります。過酸化ベンゾイル、サリチル酸またはベータヒドロキシ酸でそれらを選ぶようにしてください。

クレイマスクを選ぶクレイなどの

フェイスマスクは、肌の余分な油分を吸収するのに効果的です。ただし、これらの製品を誤って使用すると刺激を引き起こす可能性があるため、これらの製品を使用する場合は注意が必要です。最も油性のある領域にのみ集中し、特別な機会が来る場合にのみクレイマスクを使用してください。

なトナーを使用するマイルド

マイルドな収斂性のトナーは肌を乾燥させるのに役立ちますが、肌に刺激を与える可能性があるため、このような製品を使用する場合は注意が必要です。より軽く、アルコールを含まないトナーを選び、肌の最も油っぽい部分にのみ塗ってください。トナーを使用した後に肌に乾燥したパッチが見られた場合は、使用を中止して他のブランドを試すか、代わりにトナーをオプトアウトしてください。

保湿

お肌が脂っこいからといって、余分な水分を必要としないとは思わないでください。脂性肌の場合は、皮膚が脱水状態になりすぎて、皮脂腺がより多くの油を生成するために発生します。したがって、たとえあなたが油性であっても、あなたの腺があまりにも多くの油を生成しないことを確実にするためにあなたの皮膚はまだ保湿する必要があります。

しかし、すべての保湿剤が脂性肌に効果があるわけではありません。オイルフリーの保湿剤を選び、脂性肌用に特別に配合された製品を探してください。避ける必要のある製品成分には、ラノリン、ワセリン、ミリスチン酸イソプロピルがあります。

日焼け止めジェルを使用

する太陽の紫外線の有害な影響から肌を保護することが重要です。ローションやクリームのような厚い日焼け止めは毛穴をふさぎ、肌に油っぽさを加えるので避けてください。ジェルなどの脂性肌用に特別に配合されたオイルフリー製品を探してください。また、SPF 30以上のものを選び、15分前に塗ってください。

敏感肌のための迅速で簡単な3ステップのスキンケアルーチン

日焼け、発疹、吹き出物、皮膚のかゆみに苦しむ人の中には、敏感肌のために特別なケアが必要な人がいます。この迅速で効果的なスキンケアルーチンに従って、敏感肌の健康を維持する方法を確認してください。

クレンザーを使用する

無臭のローションや石鹸などのさまざまな製品の香水は敏感肌に刺激を与える可能性があるため、必ず香りを選択してください-洗顔時に無料のクレンザー。また、染料を使用する製品をスキップしたり、明るい色の製品の代わりに無地の外観の製品を選んだりするのにも役立ちます。

スクラブは、刺激や剥離を引き起こす可能性のある角質除去特性があるため、使用を避けてください。代わりに、ビーズが入ったクリームクレンザーを使用し、柔らかいスポンジまたはパフを使用して肌にマッサージします。

なだめるような保湿剤を選ぶ

敏感肌の人はかゆみや赤みを起こしやすいので、ホホバオイルやアロエベラなどの成分を含む保湿剤を使用すると、敏感肌をなだめるのに効果的です。また、冬の間は、水分を補給し、皮膚の炎症を引き起こしにくいワセリンやユーセリンなどの濃厚なクリームを使用することもできます。

さらに、染料や香料が含まれていないため、低アレルギー性製品を使用することをお勧めします。デリケートなお肌用に配合されたベビー用品など、市場で最もマイルドな商品をお試しください。肌に栄養を与えて落ち着かせ、刺激を防ぎます。

日焼け止め

を着用する日焼け止めを毎日着用することを忘れないでください。SPFが30以上であることを確認してください。曇りの日や家の中にいるだけでも日焼け止めを塗ってください。外にいる場合は、2〜3時間ごとに日焼け止めを塗り直してください。

ココママについて習慣を守って

あなたはまだ10代の頃のスキンケアのいますか?それからあなたはあなたの肌を間違った方法で世話しているかもしれません。年をとると、肌の弾力性と水分が早く失われます。これは、若い肌に適した一般的なスキンケアレジメンでは対処できません。 

肌の老化の影響に対抗することはできません。なぜなら、私たちが年をとるにつれて、肌や外見もそうなるからです。良いニュースは、ココママの助けを借りて、30代でも健康で完璧な肌を維持する方法があるということです!しわ、弾力性の喪失、その他の肌の老化の兆候に対処するために、ニーズに応じてスキンケアルーチンを調整するお手伝いをします。

私たちが提供するすべてのルーチンは、専門家のチームによって形成およびテストされているため、お肌に最適なものを提供しますのでご安心ください。あなたの人生全体を改善するのを助けることができる彼らの肌の世話をする方法を学びましょう! 

ご質問やビジネス提案については、お問い合わせページのフォームにご記入の上、お気軽にお問い合わせください。できるだけ早くご連絡できるよう、有効で有効なメールアドレスまたは電話番号を必ずお知らせください。料金と仕様はメールでお知らせしますので、広告のニーズについて話し合うことができるように、必ずお問い合わせください。

最後に、あなたが私たちに何かについて書いたり、対処したりしたいのであれば、それが肌に関連している限り、私たちはあなたを助けることができます!ただ私達に連絡してください、そして私達はあなたにアドバイスするためにあなたに最高の記事を提供するために最善を尽くします。それまでの間、ココママをお気軽に探索してください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。