オイリー肌(脂性肌)におすすめのスキンケアランキングと正しい方法

夜しっかりと洗顔をしたはずなのに朝起きたら顔はギトギトのテカテカ・・という状態に悩むのはオイリー肌の特徴です。

皮脂の分泌が多いので、どうしても脂っぽい状態になってしまいます。

テカリをなんとかしたくて、かなりしっかり目に洗顔をして保湿を極力少なめにするといったスキンケアを行うという方も多いのですが、これはオイリー肌を余計に悪化させてしまう行為なのです。

ではオイリー肌に効果のあるスキンケアとはどんなものでしょうか?

正しい方法でお手入れするとオイリー肌は随分と良くなります。

乾燥肌の方よりも自然の保湿成分である油分が多いのですから、コントロールできれば綺麗な肌を手に入れる事も可能です。余分な脂を無理に取り除くのではなく、肌を守りながら行うスキンケアをすることで理想的な素肌に近づけます。

オイリー肌(脂性肌)のスキンケア

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキング

30代に入ると、これまでになかったお肌の変化を感じるようになります。今は、特に大きな肌トラブルがない方も、これから五年後・十年後を迎えた時に、今と全く変わらないお肌になっているなんてことは保証されません。

特に女性は妊娠・出産でホルモンバランスが崩れやすく、お肌も新陳代謝が乱れたりなんだか乾燥しやすくなった、と感じる方も多いです。もし十代・二十代の時と全く同じ方法でスキンケアをしているという方は、この機会に未来のお肌「肌未来」のために、丁寧なスキンケアを始めましょう。

もし最近なんだか、乾燥が気になるという方は乾燥脂性肌かもしれません。

鼻やおでこといったTゾーンはテカるのに、頬は乾燥しているという状態です。もしこのような症状を感じたら、皮脂を落としすぎないように注意しましょう。汚れが気になるからといって、洗顔の回数を多くしたり、必要以上に脂取り紙などを多く使いすぎるとお肌は乾燥していると認識して、皮脂を多く分泌します。そうなると、毛穴詰まりを引き起こしたりお肌のトラブルが絶えません。

また洗顔をする時にぬるま湯ではなく、熱いお湯で洗ったりしていませんか?

これもお肌に必要な皮脂を落としてしまう原因になるので、しっかりぬるま湯で洗いましょう。三十代からは、お肌のバリア機能が損なわれないように丁寧なケアを心掛けることが大切です。年齢を重ねてもお肌が綺麗な方は、洗顔をしたタオルにも気を配っています。

カサカサしたタオルだと水分の吸収があまり良くないので、柔らかいものを使うといった細かな点にも気を配ることで潤いのある美肌を手に入れることができます。お肌本来が持っている力をきちんと発揮できるように、ケアしてあげることが大切です。古い角質がそのままになり、新しい角質と交換できていないとお肌の表面に汚れがたまりザラザラしてしまいます。

そうなると、メイクをいくら頑張っても老けた印象になってしまうこともあります。まずはクリアな素肌を目指すために、洗顔方法を見直してみましょう。

三十代からは、しわやたるみが気になりだす年齢です。これは、ホルモンバランスの乱れやお肌の水分量が減ってしまい小じわやたるみを生み出してしまいます。十分な保湿ケアができていないと、後々になってシミやしわの原因になるので今から水分をしっかりお肌にとどめておくこと、これが大切です。古い角質を除去するためにピーリングを取り入れて、新陳代謝を正常な状態に保ち、お肌が綺麗な状態になったら化粧水で水分を補い、乳液やクリームでしっかり保湿してあげましょう。

もしこじわやシミが気になる方は、エイジングケアに特化したものに変えてみてもいいですね。シミに有効とされる成分が配合されたものを使うだけでお肌のトラブルと改善してくれます。今までの化粧水や乳液、美容液では少し物足りなくなってくるのが三十代の年齢肌の特徴です。是非、肌未来のために少しずつアイテム選びにもこだわってみましょう。

最後にクレンジングもあまり刺激にならないものを選ぶこと、汚れはきちんと落とせるけどお肌を傷つけないものを選ぶと良いですね。是非、この点に注意してこれから迎える肌未来のためにお肌に合ったスキンケアをすること、いつまでも美しく健やかなお肌を手に入れるために準備していきましょう。

クレンジングと洗顔を改善

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキング選び方

①第一にクレンジングです。

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキングクレンジング

皮脂を丸ごと落としたいからとオイルタイプを選んでしまいがちですが、取り過ぎたことで肌にダメージを与えることが多い為、肌に優しいクリームかミルクタイプのクレンジングで落とします。

ただし、皮脂が多いので肌に汚れが付着しやすいといった点があるので、隅々まで丁寧に落とすことが大切です。

②次に洗顔料です。

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキング洗顔料

これもしっかり汚れや皮脂をとりたくて、スクラブ入り洗顔料やスッとするメントール入りの洗顔料を選びたくなりますが、無理に擦ることで肌を傷つけるだけではなく、過度な乾燥を招いて過剰な皮脂を分泌させてしまうのです。

守りながら洗顔する場合は、固形石鹸が一番安心できます。

洗い方ですが、オイリー肌イコール肌全体がべとついていると考えてしまいますが、実は乾燥している部分もあるのです。

脂を落としたいからと念入りに洗ってしまい、乾燥している部分の脂まで落としてしまうので、肌が脂不足と判断して無駄な脂を分泌させてしまいます。本当にベタついている部分のに念入りに洗い、そうでない部分は優しくあらうなど、メリハリをつけることが大切です。

必要以上に力を込めずに優しく洗い、泡が残らないようにしっかりとすすぐことが大切ですよ。

オイリーだから関係ないと思ってしまう保湿ですが、皮脂が多いだけで肌の水分が足りていないというケースは良くあります。

私自身が長い間オイリー肌で悩んでおり、ずっと保湿するのが怖くて軽めの化粧水だけで過ごしていました。洗顔も割とゴシゴシと念入りに洗っていたのですが、ベタつきは一向に改善されず寧ろ酷くなっていたのです。

そこで正しいスキンケア方法を教えてもらい実行したところ、オイリー肌自体もマシになり、今では肌が綺麗と言われるようになりました。

オイリー肌の方は肌に油分を加えたり保湿するのを極端に怖がる傾向があり、更には洗顔を異常なほど念入りにしてしまいがちですが、それが余計に皮脂の分泌を招いていることがあります。

オイリー肌だからと言って肌が強いわけではありません。守りながらきちんとスキンケアすることで、皮脂のコントロールもできるようになり、綺麗な肌を手に入れることができますよ。

その他3つのポイント

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキング特徴

毎朝、ケアをしていても日中になるとお肌のベタつきが気になるという方は「脂性肌」の可能性があります。

脂性肌は、毎日のお手入れ以外にベタつきを抑える化粧水を選んだり、使い方にも工夫が必要です。ここでは、ベタつきを抑える「化粧水の使い方」と、スキンケアを行う際の三つの注意点について紹介します!

毎朝、洗顔をして化粧水を塗る、美容液を塗るといった基本的なケアをしていても、日中になるとおでこのテカりが気になったり、化粧崩れが起きやすいという方は脂性肌の可能性が高いです。こういった肌質の方は、肌質にあったて適切なスキンケアを行うことで乾燥や、テカりといった肌トラブルを改善することができます。

「皮脂」は、本来はお肌の乾燥を防いだり外部の刺激からお肌を守るために欠かせない存在です。ただ、脂性肌の方はこの皮脂分泌が何らかの原因によって、必要以上に皮脂が分泌された状態になっています。

また水分量が不足しやすいため、これを補うために皮脂が多く分泌されている可能性が高いです。皮脂の分泌量と水分量のバランスを整えることで、脂性肌は改善することができます。

まずは、スキンケアを行う際に気を付けたい注意点を3つ紹介します。

テカりや過剰な皮脂分泌が気になるからといって、お肌をゴシゴシこすったり、何度も洗顔をしていませんか?お肌の汚れをとることは大切ですが、ゴシゴシこすりすぎるとかえってお肌にダメージを与え、傷つけてしまう原因となります。洗顔をする時は、しっかりと泡立てを行い、力を入れずに円を描くようにして汚れを落としていきましょう。

ポイント①:化粧水はハンドプレス

化粧水を塗る時は、力を入れてパッティングするように塗るのではなく、手の平で一度温めてから優しく浸透させるようにゆっくりとハンドプレスしていくことが大切です。

化粧水がしっかりとお肌に染み込むことで、水分バランスも整い過剰に皮脂分泌が行われるのを防ぎます。そして美容液でお肌の状態を整えて、乳液やクリームでしっかり保湿してあげましょう。ベタつきが気になるからといって、乾燥させてしまうと脂性肌はますます酷くなってしまいます。必要以上に洗いすぎないこと、刺激を与えないようにすることを心掛けましょう。

ポイント②:皮脂分泌を促す化粧水は避ける

そして二つ目のポイントは、皮脂分泌を促す化粧水は選ばないようにすることです。

収れん化粧水と呼ばれる皮脂の分泌をコントロールし、お肌を引き締める効果のある化粧水を選ぶことが大切です。脂性肌の方は、毛穴を引き締め余分な皮脂が分泌されないように工夫していくことが大切です。

ポイント③:数分おく

最後に三つ目のポイントとして、メイク前に化粧水を塗る時はお肌の奥までしっかり浸透させるために、数分おいてからつけるようにしましょう。

メイク崩れの原因として考えられるのが、水分がお肌にしっかり浸透していないうちにメイクをしてしまって、乾燥し皮脂が大量に分泌されていることがあります。そうならないように、化粧水を塗る時はしっかり時間をかけて毛穴の奥まで浸透させ、保湿ケアを徹底することが大切です。

こうすることで、日中にベタつきやすいお肌を改善することができます。今、お使いの化粧水を少しだけ見直すだけで脂性肌を改善することは可能です。是非、試してみてはいかがでしょうか?

オイリー肌・脂性肌におすすめのスキンケアランキング

毎日、しっかり洗顔をしていても、昼間になると鼻やおでこまわりのテカりが気にあるという方は少なくありません。テカる原因とは何なのでしょうか?この機会にテカりの原因を抑えて正しいスキンケア方法をマスターしましょう。

まず、テカる原因についてみていきます。「ツヤ」のあるお肌と「テカり」のあるお肌は全く別物です。

ツヤのあるお肌は、水分と油分のバランスが取れキメこまかな透明感のある美しいお肌です。

対して、テカるお肌は水分と油分のバランスがとれていないために、テカってしまうのです。

テカリが気になる方は、オイリー肌の方に多くその原因は、お肌の乾燥にあります。肌が乾燥してしまうため、乾燥を防ぐために皮脂を分泌して潤いを保とうとします。この働きが過剰に行われるため、水分量と油分量のバランスが崩れ、結果としてお肌がテカってしまうのです。

また原因の一つに洗顔のしすぎがあります。朝晩の二回以外にも洗顔をしている方、テカりが気になるからといって皮脂の落としすぎは禁物です。皮脂は適度に分泌されないと過剰に出てしまうので、そういった場合にはクレンジングの方法を工夫する必要があります。

例えば、クリームタイプのクレンジングにすると良いですね。クリームタイプのクレンジングは、洗い流せるタイプのものを選ぶことでテカリが気になる部分に塗って、脂を集中的に落としていくクレンジングです。クルクルと優しく肌の上でころがすようにして皮脂を落としたら、いつもの洗顔で毛穴汚れを落としていきましょう。

そして汚れを落とした後は、たっぷりの化粧水でしっかりと保湿してあげることが大切です。テカる原因は、お肌の表面の乾燥以外に肌内部が乾燥したインナードライである可能性があります。

肌の表面をしっかり保湿してあげることはもちろん、お肌の奥まで化粧水の成分をしっかり浸透させ、インナードライを防ぎましょう。

コットンに化粧水をたっぷりつけて、お肌に密着させます。コットンが乾いてきたら、少し化粧水を足してお顔全体をパッティングしていきましょう。乾燥が気になる部分は特に念入りにつけていきましょう。これで角質層までしっかりと化粧水の成分を届けることができるので、油分と水分のバランスを保つことができます。

また水分をしっかり補うことは、保湿成分を補うだけでなく毛穴を引き締めて皮脂分泌を抑制する効果もあります。毛穴がしっかりと引き締まれば、日中のメイク崩れを気にすることなく快適に過ごすことができます。毛穴を引き締めることができれば、テカりの原因となる皮脂分泌を抑制することにも繋がるので是非保湿対策はしっかり行いましょう。

これでテカりを撃退してくれるスキンケアの基本が完成です。

今まで、洗いすぎていた方、ゴシゴシこすっていた方、保湿ケアをあまりしていなかった方はこの機会に是非マスターしましょう。これだけでお肌の状態はかなり改善されるはずです。水分と油分のバランスをしっかりとることで、きめ細かなお肌になるだけでなくツヤのある美しいお肌になる一歩に繋がります。是非、試してみてください。日中のテカりを撃退し、いつでも健やかなお肌を手に入れましょう。

第1位 キュレル

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキング肌荒れ

お肌がすぐにテカってしまったり、ベトベトして気になっていませんか。そのような悩みを持つ女性は、「脂性肌」である可能性が高いです。

皮脂の分泌量が多いため、テカりやベタツキが気になりますよね。脂性肌の場合、メイクが崩れやすいですし、普通肌に比べると肌トラブルが起きやすい状態になっているんですよね。

脂性肌の場合、肌の水分量がとても少なくなっています。水分を補おうと皮脂を多く分泌してしまうのです。皮脂の分泌量が多いと、毛穴が詰まりやすくなったりするので、ニキビやその他の肌トラブルを引き起こしてしまうんですよね。多くの女性が脂性肌の悩みを持っています。

脂性肌であると感じた時は、一般的なスキンケア化粧品を使うのではなくて、皮脂の分泌を抑制してくれるものなど、脂性肌にあったスキンケア化粧品を選ぶようにしましょう。適切なスキンケアをしなければ、肌トラブルが悪化してさらに悩みが深くなってしまいます。

脂性肌は、スキンケア化粧品を上手に使って肌の水分量を多くしていくことがとても大切です。

水分量が多くなることで、皮脂を多く分泌してしまうことはなくなるんですよね。また、スキンケアにおいて、皮脂量をある程度抑えることも重要です。だから脂性肌の女性がスキンケア化粧品を選ぶことは、とても難しい事なんです。

脂性肌の女性が選ぶと良いスキンケア化粧品ですが、さっぱりした使い心地の化粧品がおすすめです。

しっとりタイプよりもサッパリタイプを選ぶようにしましょう。間違って、皮脂の分泌を促すような成分が配合された化粧品を使ってしまうと大変なことになってしまうので、注意してください。

もう一つ気を付けなければいけないのは、洗顔やクレンジングの時です。ベタつきが気になるからといって、ゴシゴシと強めに洗ってしまったり一日に数回洗顔などをしてしまうと、皮脂が過剰に分泌してしまうので気を付けて下さいね。

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキング人気ブランド

さて、脂性肌で悩んでいる時に私が使って良かったスキンケア化粧品をご紹介しようと思います。

おすすめなのは「キュレルの皮脂トラブルケアシリーズ」です。

使ってみたのは、

  1. 皮脂溶解成分が配合されている泡洗顔料
  2. 過剰な皮脂のベタつきを抑制する成分やユーカリエキスなどの潤い成分が配合されている化粧水
  3. 過剰な皮脂のベタつきを抑制する成分が配合されている保湿ジェル

の三つです。

みずみずしいテクスチャーでとてもさっぱりしているので、使ってすぐ肌が気持ちいいなと感じました。さっぱりしているのに、肌の潤いがいつまでも続いていると感じたので、保湿効果に大満足することができました。いつもベタベタしてテカっている肌が、徐々に気にならなくなってきたんですよね。使って良かったと思いました。

キュレルの皮脂トラブルケアシリーズは、弱酸性で無香料、無着色、アルコールフリーなので非常にシンプル処方であるところが気に入りました。いつも肌がテカるので何をする時でも気になって楽しめなかったのですが、テカりやベタツキが気にならなくなったおかげで楽しい毎日を過ごせるようになりました。

もし、お肌がすぐにテカテカしたり、ベタベタして気になるようなことがあれば脂性肌なので、私が使って良かったキュレルの皮脂トラブルケアシリーズを使うことをおすすめします。

第2位 肌美精

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキングパック

パックと言えば保湿目的がメインとなりますが、オイリー肌の人は余分な皮脂が分泌されているのでパックする必要はないのでは?と思ってしまう人もいるかもしれません。しかしそれは大きな間違いです。

オイリー肌の最もポピュラーな原因は内側の乾燥です。インナードライと言って、肌の内側は水分不足であるため外側に脂の分泌が過剰に行われてしまう性質の肌の人は正にこのタイプです。こういった状態が毛穴の開きの原因にもなり、常にテカっていながら毛穴が目立つ、そういった悩みの原因になります。

そういった女性のためにお勧めなシートマスクは肌美精から出ている「うるおい浸透マスク」です。天然熟成温泉ミネラルが配合されていて、ベタ付かずに保湿してくれる毛穴は肌全体の引き締め効果があるのです。

オイリー肌脂性肌おすすめスキンケアランキング人気コスメ

この「うるおい浸透マスク」は炭成分が練り込んである黒いシートマスクですが、これをいつものスキンケアにプラスすることにより温泉ミネラル成分や炭の成分などで毛穴の引き締め効果を狙えます。その他、保湿成分として非常に有効である定番の成分セラミドも配合されているので、毛穴の開きの原因となっている乾燥にもしっかりアプローチできます。

つまり表面の毛穴の開きと奥の乾燥した状態の両方に同時進行でアプローチして対処してくれるとてもありがたいシートマスクなのです。ベタつかないスッキリとした付け心地ですし、お財布にも負担にならないプチプラアイテムです。

肌美精から出ている「うるおい浸透マスク」はどのドラッグストアでも置いてあるぐらいとてもポピュラーな商品です。また、アマゾンでも購入可能なので入手困難なことはまずありません。値段はお店やセールの有無などにより色々ですが、アマゾンで購入した場合は1箱4枚入りで税込み620円です。多くて週に1、2回ぐらいの使用頻度が目安なので嬉しい値段です。

使用法は一般的なシートマスクと同じです。洗顔後、化粧水でお肌を整えた後にシートマスクを一袋取り出して広げ、顔に丁寧に貼り付けます。5分から15分ぐらい、お好みの時間マスクを貼り付けておきます。取り外した後は毛穴の開きが気になるところをマスクでパッティングすると効果が更にアップします。

乳液やクリームで上から蓋をするかどうかは好みや肌の状態に合わせて自分で決めると良いです。あまりにもテカリが気になるようでしたらパックの後は何も塗らなくてOKですが、顔に残っているパックの成分を手で丁寧に顔中馴染ませるようにしておきましょう。

アラサー筆者の私は正に典型的なインナードライ肌で、いつもテカリと開いた毛穴に悩まされています。ドロっとした化粧品は好きではなく、付け心地がさっぱりしているものを好みます。そういった私にはこのパックが負担にならなくて助かります。セラミドがしっかりと配合されているにも拘わらず付け心地はスッキリです。

黒いシートマスクも気分的にいかにも効いているという気分にさせてくれます。私はいつも15分ぐらい顔に貼り付けた後、30秒だけ首に貼り付け、最後に頬の毛穴が気になるところをパッティングしてから顔全体に残っているパックの成分を丁寧に伸ばすようにしています。乳液は顔全体ではなく目元や口元などの乾燥しやすい部分のみに軽く塗るようにします。他の部分はテカリが心配なのでパック後は何も塗りません。

使用直後は保湿されたお蔭か肌の色がワントーン明るくなっていますし、毛穴も少しは引き締まったように感じます。朝までその効果が続いているかどうかは分かりませんが、一週間に一度はこのパックを使用することにより毛穴対策は大分できているように感じます。デートの前日を狙ってこのパックを使用するときが多いです。

オイリー肌さんは自分の顔から出ている天然オイルがあるから大丈夫だと思ってしまわず、しっかりとオイリー肌を改善するための保湿をしましょう。それと同時に毛穴引き締め効果を狙える成分が入っている肌美精の「うるおい浸透マスク」は非常にお勧めです。

関連記事:

【30代年齢肌を−5歳肌に】おすすめエイジングスキンケア

20代後半30代の毛穴におすすめ!プチプラスキンケアランキング

皮脂が多い!テカリ肌オイリー肌におすすめ洗顔石鹸ランキング

30代の混合肌、脂性肌(オイリー肌)におすすめプチプラ化粧水

オイリー肌(脂性肌)の顔におすすめ!ベビーパウダーを使ったメイク方法

【ハリのある綺麗な30代の肌に改善】おすすめスキンケアランキング