Shutterstock 385646620 Scaled

【保湿力があり毛穴におすすめ】プチプラ洗い流すパック12選2021

肌の保湿をしたいと考えたときに、まずシートマスクを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

とても手軽に使用できるところが魅力のシートマスク。今ではドラッグストアなどでも、本当に多種多様なシートマスクが販売されていますよね。面白い模様が描かれているものもあり、お土産などでも人気です。

しかし、シートマスクを使っていても、イマイチ保湿力が物足りないと感じたことはありませんか?

一時的に肌がしっとりしても、時間とともに乾燥が気になってくるという方は多いです。

シートマスクは男性や女性、なるべく色んな人の顔の形に合うように作られています。なのでどうしても密着力が弱いことや、化粧水や美容液が染み込んだものなので、保湿力が物足りない場合があります。

そんな方におすすめしたいのが、「洗い流すタイプのパック」です。

シートマスクよりも、さらに強力に水分を補給してくれたり、肌質や目的に合わせて選ぶことができますよ。普段のスキンケアでは物足りないと感じている方も、是非挑戦してみてくださいね!

洗い流すパックの種類

洗い流すパックの中にも、色々な種類があります。配合している美容成分によっての細かな違いもありますが、クレイパックなど、タイプ自体がまったく違うものもありますよ。

こちらでは、種類について紹介していきます。

保湿タイプ

一番スタンダードなタイプの、洗い流すパックです。

クリーム状のパックを使って、肌に水分を与えます。ひんやりとしたクリームやジェル状で肌にしっかりと密着。とても気持ちがよく、好きな香りのものなどを選んでつかうと、よりリラックスできていいですね。

もっちりと仕上がるので、肌の弾力や透明感が気になる方におすすめです。普段のスキンケアや、シートマスクでは水分が足りないと感じている方には、おすすめですよ。

炭酸タイプ

CO2パックとも呼ばれます。肌の上に塗ることで、一時的に肌が酸欠状態のような状態になります。肌のターンオーバーを促して、つるんとしたたまご肌を目指します。

くすみやニキビ跡が気になる方にもおすすめです。毛穴の引き締めにも効果が期待できますよ。

クレイタイプ

泥成分配合の、洗い流すパックです。毛穴の汚れなどを吸着し、明るく導きます。

ミネラルが豊富に含まれているので肌のターンオーバーを促進。血行促進にも役立つので、クマやくすみが気になる方におすすめです。

皮脂の吸着力に優れたクレイパックは、極度の乾燥肌にはあまり向きません。肌が乾燥する方は、鼻だけやTゾーンだけなどと、部分使いするのがおすすめですよ。

デコルテの中心部分も皮脂がつまりやすい部位なので、顔以外にもおすすめですよ。

家族に塗るのを手伝ってもらって、背中に使うのもいいですね。ニキビができやすい肌におすすめです。

ピールオフタイプ

ピールオフタイプは、肌に塗り広げて時間を置くと、ペリペリとはがせるようになるタイプのパックです。

保湿に加えて古い角質の除去ができるので、肌が明るく、ざらつきがきれいになりますよ。

アルコールを揮発させることによって乾き、剥がせるようになるタイプのものが多いので、アルコールが肌に合わない方には注意が必要です。肌のごわつきが気になる方におすすめのパックです。

洗い流すパックのメリット

洗い流すパックを使ったことのない方は、少し使いづらいのかも・・・と感じる方もいるかもしれません。ですが、慣れてしまえばとても楽ちんですよ。

シートマスクとはまた少し違う、洗い流すパックのメリットを紹介していきますね。

お風呂の中でも使える

お風呂上がりにパックを塗って、また洗面所に洗い流しに行って・・・と考えると少し面倒に感じるかもしれません。ですが、お風呂の中ですべて完結してしまえばとても簡単です。

洗顔後にパックを塗り広げて、時間を置きながら湯船につかったり、髪の毛を洗ったりしてからパックを洗い流せば、手間をとることもありません。子育て中などで時短を求める方にもぴったりです。

つかう部位を選ばない

シートマスクであれば、シートが顔の形になっていたり、目元用の形になっていたりと、使う部位が決まっています。

ですが洗い流すパックは、チューブやジャー容器の中にクリーム状やジェル状のパックが入っているだけです。

使う部位によって量が調整できるので、顔以外にもデコルテやワキ、肘などに使うのもいいですね。少し贅沢に、膝やかかとなどに使っても、しっとりとツヤのある肌になるのでおすすめです。自身の気になる部位に使うことができるので、とても便利ですね。

目的別に選ぶことができる

同じ洗い流すパックの中でも、保湿や皮脂の吸着をしたり、古い角質の除去をしたり・・・などと目的別で選ぶことができます。

クレイパックやピールオフなど、区別がとてもつきやすいので、化粧品の成分に詳しくない方にも選びやすいですよ。

使い方

クレンジングや洗顔をした後に、顔全体に塗り広げます。5分~15分程時間を置いてから洗い流して、その後に化粧水など、いつも通りのスキンケアを行います。

スクラブなどの角質ケアをする場合は、角質ケアが終わった後にパックをするようにしてください。

角質ケアで古い角質を除去してからパックをすると、美容成分がより届きやすくなるので、効率的。週に2,3回、せっかくなら角質ケアとパックは同じ日におこなうのがおすすめです。

洗い流すパックの3つの注意点

①放置する時間

パックの種類によって、塗ってから放置する時間が違います。記載の時間をオーバーして使用すると、かえって肌の乾燥を招いたり、肌への負担になる場合があるので、説明書きをよく読んできちんと守るようにしてくださいね。

②洗い流しは優しく

パックを洗い流すときは、シャワーを直接肌に当てると、シャワーの水圧が肌への負担となることがあります。乾燥だけでなく、たるみやシワの原因にもなるので、お湯を手ですくってやさしく馴染ませながら、パックを洗い流すようにしましょう。

③目元と口元に使えるか否か

パックの種類によっては、目元や口元にも使えるものと、避けて使用することが推奨されているものがあります。説明書きをよく読んで、正しく使うようにしてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。