Shutterstock 1543602806

【毛穴で肌が凸凹で汚い】30代女性におすすめのスキンケア2021

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

最近ファンデのノリが悪い、帰りの電車の窓ガラスに映った自分の顔が老け込んでいてビックリした、吹き出物ができやすく治りにくい。こうした肌トラブルが増えてくるのも、ちょうどこの頃。

そこで今回は、30代女性に多い肌トラブル、スキンケアの見直し方とワンポイント、毎日のスキンケアに取り入れてもらいたいアイテムをご紹介します。

ほんの少しの取り組みが、あなたの抱えている肌トラブルを解消するきっかけになるかもしれませんよ。

30代女性に多い肌トラブル

20代はホルモン分泌が活発なため、肌のキメは細かく、潤いと透明感があり、触ると押し返してくるようなハリや弾力も十分にある状態です。しかし30代になると、代謝が落ちて肌の老化も進みます。そのため、肌のキメは荒くなり、ターンオーバーも乱れるようになるため、肌のツヤも出にくくなります。

このように肌の質そのものが変化しつつあるため、30代になるとこれまでのスキンケアに物足りなさを感じるようになります。またスキンケアが多少おろそかになっても、20代の頃のようにトラブル知らずというわけにもいか無くなります。

30代女性が感じやすい肌トラブルは、主に以下のようなものと言われています。

シミ

シミの原因には、加齢によって増えてくる老人性色素斑と、ホルモンバランスの変化の影響を受けてできる肝斑があります。

老人性色素斑は薄茶色の円形あるいは楕円形で、徐々に大きくはっきりと現れるようになります。肝斑は淡い褐色で頬骨に沿った形で左右対称に現れます。

乾燥

もともと乾燥肌という以外にも、30代の乾燥肌にはインナードライも考えられます。

皮脂が多いのに突っ張り感を感じる、毛穴の目立ち、化粧ノリが悪い、スキンケアをしているのに肌のかさつきと乾燥を感じる場合はインナードライの疑いがあります。

毛穴

20代の頃からあった毛穴の黒ずみや開きが30代になるとさらに目立つようになります。

これは加齢と乾燥によって毛穴の形がしずく型に広がって「たるみ毛穴」になるためです。毛穴が大きくなった状態で皮脂や汚れが酸化するため、より毛穴の黒ずみも目立つようになります。

ハリや弾力の低下

肌を触っても、押し返してくるようなハリと弾力を感じにくくなります。

肌のハリや弾力が低下する原因としては、紫外線、肌の乾燥、加齢などによる肌の真皮層へのダメージが考えられます。肌の真皮層は肌の土台ともいえる部分です。そのため、真皮層がダメージを受けてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生産機能が低下すると、シワやたるみ、ほうれい線などが現れるようになります。

シワ

額、目尻、口元などが、シワができやすい部分として知られています。シワには、よくする表情が原因でつく「表情ジワ」と、乾燥や紫外線によるダメージが原因の「乾燥ジワ」があります。

特に女性の場合30代は、生活面では子育て中で自分にかけられる時間が減ってしまう方が、仕事面では社会的に責任ある仕事を任せられるようになる方が徐々に増えてくる年代です。

そのため、先にご紹介したホルモンバランスと老化以外にも、生活環境の変化や日々のストレスが肌トラブルを引き起こす原因となっていることもあります。

スキンケアアイテムを選ぶコツ

①自分の肌と向き合う

それでは30代女性がスキンケアのアイテムを選ぶときは、どのような点に注意したらよいのでしょうか。

まず意識したいのは、自分の肌と向き合うことです。

具体的には、自分の肌タイプと、解消したい肌トラブルは何なのかを把握することが挙げられます。

一般的に肌タイプは、脂性肌、乾燥肌、混合肌、普通肌などに分類されていて、肌タイプに合わせたアイテムが販売されています。

自分の認識と実際の肌タイプが異なったままアイテムを選ぶと、たとえば乾燥肌の方が脂性肌向けの方のアイテムを選ぶと必要以上に皮脂を取りすぎてしまいますし、反対に脂性肌の方が乾燥肌の方向けのアイテムを選ぶと今度は肌に必要以上の油分が補給されてテカリの原因となってしまいます。これではスキンケアをしても十分な効果を得られず、むしろ別の肌トラブルを招いてしまうかもしれません。

肌トラブルの種類は多岐にわたり、それぞれの悩みに対応したアイテムが発売されています。これを機に、自分の肌のタイプを見直したうえで、気になる肌の悩みは何なのか考えてみましょう。

②無理なく使い続けられるアイテムを選ぶ

次に意識したいのは、毎日無理なく使用できるアイテムを選ぶことです。

特別な日の前に取り入れたいスペシャルケアならともかく、毎日使うアイテムにはそれほどお金をかけたくないという方も多いと思います。高すぎて使い続けられなかった、あるいはもったいなくて規定量よりも少ない量しか使えないのでは、アイテムが持つ本来の効果も出にくくなってしまいます。

また、使い勝手のよさにも注目したいところです。たとえば、泡で出てくる洗顔料やスプレータイプの化粧水を取り入れておくと、クタクタな時でも手軽に使えてとても便利です。

スキンケアは毎日行うことだからこそ、金銭的にも手間的にも無理なく続けられるアイテムを選びましょう。

③1日のスキンケアの流れを見直す

スキンケアの主な目的は、肌を清潔にすること、乾燥予防、紫外線対策です。自分の悩みにあったアイテムを使っていても、使い方が間違っていれば効果も半減してしまいます。1日の流れをとおして必要なケアを確認しましょう。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液
  5. メイク
  1. メイクなおし
  2. 化粧水
  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液
  6. クリーム
特に、汚れの落とし方に気をつける!

スキンケアを行うときに意外と見落としがちなのが、落とすステップです。この落とすステップが不十分で余分な皮脂や汚れなどが肌に残った状態が続くと、肌荒れやくすみなどの原因になってしまう可能性もあります。

目元や口元のメイクを落とすときは専用のリムーバーを使う、ヘアブラシで髪のホコリを落としてからシャワーを浴びる、体用の日焼け止めを使った日は肌をこすり過ぎない程度に洗い流すようにしましょう。最初は少し面倒に感じるかもしれませんが、少しの手間がトラブルの少ない綺麗な肌作りにつながります。

お肌が凸凹の原因と対策

朝起きたら、必ず洗顔フォームを使って丁寧に汚れを落としているのに、最近なんだかお肌の凸凹が気になる、なんてお悩みはありませんか?

その原因は、大きく三つ考えられます。まずは原因をつきとめ、正しい対処法・スキンケアをしていきましょう。きちんとケアしていれば、お肌の凸凹は改善されます。まずは焦らずに正しいケアを心掛けていきましょう。

それでは、なぜお肌が凸凹してしまうのか?詳しくみていきましょう。

原因としては4つ考えられます。

①生活習慣

毎日洗顔をしていても、毛穴が開いて凸凹になってしまうという方は、スキンケアはもちろん、生活習慣も改めてみましょう。

今回は、お肌の凸凹の原因と今からできるスキンケアのポイントについてご紹介したいと思います。きちんとケアしていても、凸凹になってしまう原因をつきとめ、正しいスキンケア方法を身に付けましょう。

まず、お肌が凸凹になってしまう原因として考えられるのは、「開き毛穴」です。

開き毛穴とは、毛穴が大きく開いたままの状態で固まっている毛穴のことです。これは、お肌のターンオーバーが乱れやストレス、皮脂の過剰分泌により起こります。異常なお肌を守ろうと、角質層が厚くなったり、剥がれやすくなることにより毛穴が開いてしまうのです。この状態ではいくら洗顔をしても、毛穴の奥に詰まった汚れも落ちませんし、角質層が厚くなってしるため、お肌が凸凹してしまうのです。

また皮脂の過剰分泌は、食生活の乱れが考えられます。

毎朝、洗顔をして余分な皮脂を落としていてもこのような状態になる場合は、食生活の見直しが必要です。例えば、時間がなくてレトルト食品ばかり食べていたり、ラーメンなどの脂がいっぱいのった食べ物を過剰に食べていると、毛穴の詰まりの原因になります。他にも揚げ物や糖分が沢山入ったものは、要注意です。こうした食べ物を多く食べている方は、野菜中心の生活に切り替えるなど工夫が必要です。その上で洗顔をして化粧水で保湿する、といった基本のスキンケアをすると皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

また30代以降は、女性ホルモンのエストロゲンの減少により、毛穴回りの皮膚が陥没してしまうことによって、開き毛穴が起こることもあります。こうしたホルモンの低下には、美白ケアやエイジングケアに特化した化粧水や乳液、美容液を選ぶことが大切です。どうしても年齢と共にホルモンは減少していくので、化粧水やスキンケア用品で補うことが大切です。

もし、化粧水を変えても開き毛穴が改善されないという場合は、お肌のターンオーバーが乱れて古い角質が新しい角質とうまく交換されていない可能性があります。なので、週に一度「ピーリング」を行うことで、確実に古い角質を取り除いていきましょう。お肌のターンオーバーが正常に行われるようになれば、凸凹も改善されていきます。まずは焦らずに新陳代謝を高め、正常なお肌の状態を取り戻すことを意識してケアしていきましょう。

そこで重要なのが、ビタミンC誘導体が含まれたスキンケア用品を選ぶことです。ベタつきや皮脂の過剰分泌を抑えるために、さっぱりとした化粧水を選ぶ方が多いのですがそれはNGです。保湿をしてしっかりとお肌を守ってあげる必要があるので、ヒアルロン酸やセラミドといった成分が豊富に含まれたものを選びましょう。ビタミンC誘導体には、乾燥や皮脂の過剰分泌を抑える働きがあるので、成分表をしっかりチェックして選ぶようにしましょう。

もしメイクをする時に凸凹が気になる方は、シリコン系の化粧下地を塗ると伸びがよく凸凹をしっかり埋めてくれるのでおすすめです。

まずは、お肌の凸凹の原因をつきとめ、生活習慣を改善し、正しいスキンケアをしていきましょう。

②乾燥

続いては、お肌の「乾燥」が原因となっている場合です。お肌が乾燥してしまうと毛穴の開きやたるみが目立ちやすくなります。結果、お肌の凸凹した部分が浮きだって見えるので気になってしまうのです。

まずは、お肌の保湿ケアを十分に行うことから始めましょう。汚れを落とすことはもちろん大切ですが、保湿ケアを十分に行うことで、乾燥を目立たなくし毛穴の開きやたるみも改善していくことができます。

③角栓づまり

そして次に考えられるのが、「角栓づまり」が原因となっていることです。

これは開いた毛穴に皮脂や汗などの汚れがたまり、結果として角栓になって角栓詰まりを引き起こしてしまっているのです。気が付いた時には、毛穴が開ききっていて毛穴の凸凹が主張されてしまう、という結果になっている可能性があります。

角栓づまりが起こる原因は、毎日のスキンケアに問題があるかもしれません。例えば、洗顔をする際にきちんと泡立てをしていないことが原因となり、汚れがしっかり落とせていない、すすぎが不十分で毛穴に汚れがたまっているなどが考えられます。そうした場合には、定期的にピーリングクリームを使って汚れや角栓をしっかり落としてあげることが大切です。

これだけで角栓詰まりはだいぶ改善されるはずです。どうしても、洗顔だけでは汚れが落としきれていないなと感じたら、是非ピーリングを取り入れてみてください。

また角栓づまりが起こる原因には、ストレスや運動不足も考えられます。新陳代謝が正常に行われておらず、古い角質がそのままになっていることも考えられます。まずは、規則正しい生活を心掛けることも美肌を保つためには欠かせません。睡眠時間をしっかりとって疲れたお肌を休めてあげることも大切です。

④ニキビ

4つ目は、「ニキビ」が原因となっている可能性です。ニキビができてしまった時に、無理やりつぶしてしまうとお肌のダメージにつながり凸凹の原因になることがあります。ニキビや吹き出物が出来てしまった時は、無理につぶすのではなく自然に治るようにそっとしておきましょう。

触ったりするとそこからばい菌が入ってお肌を痛めてしまうことがあります。そうならないように注意してあげることが大切です。

こうしたお肌には、「収れん化粧水」がおすすめです。収れん化粧水は、毛穴を引き締める効果がありゆるんだ毛穴を引き締め、すっきりと魅せてくれる効果があります。いつもの化粧水を収れん化粧水に変えるだけで、美肌を手に入れられます。開いた毛穴はしっかり閉めて、お肌のたるみをふせぐこと、これが大切です。

最近なんだか凸凹が気になり始めた、という方は以上の原因が当てはまらないかチェックしてみてください。

お肌の凸凹が気になる!今からできる対処法

お肌を触ってみた時にざらつきが気にある、何となく凸凹している、ファンデーションが綺麗にぬれないといったお悩みはありませんか?お肌の凹凸ができるのは、実はお肌の状態が炎症を起こし乱れているサインです。今回は、お肌が凸凹してしまう原因と対処法について詳しくみていきたいと思います。

①クレーター

まず、お肌の原因の一つ目は「クレーター」です。

ニキビ跡が悪化して、クレーター状態になっていることが考えられます。通常であれば、ニキビができてしまっても炎症はすぐに収まり、元通りのお肌になるのですがニキビができている時に、気になって触ったり潰してしまうことが原因でお肌の奥の真皮にまで影響がいき、皮膚組織自体が破壊されてしまうため、お肌に凹凸ができてしまうのです。

クレーターになってしまったものは、残念ながらスキンケアだけでは綺麗にすることが難しいので、レーザー治療など専門のケアが必要です。広範囲に広がっていて、どうしても気になるという場合は病院で相談してみましょう。

②古い角質

そして二つ目は、古い角質が原因となって凹凸ができている場合です。

古い角質は、通常ターンオーバーによって綺麗に剥がれ落ちるのですが、お肌にストレスがかかったり、加齢によって乱れることがあります。このターンオーバーが乱れてしまうと、必要な栄養素をお肌に届ける時間もかかりお肌に不要な角質が残りやすくなるため、触り心地が悪くなりお肌に凹凸ができてしまうのです。

お肌のターンオーバーを正常に保つためには、規則正しい生活をおくることも大切です。睡眠不足や、偏った食事、ストレスはお肌のターンオーバーを乱れさせる原因になります。最近、生活リズムが崩れているな、と感じた方は是非美肌を保つためにも生活習慣を改めること、ここから始めましょう。

毛穴の開き

三つ目は、毛穴の開きによるものです。

間違ったスキンケアをしていたり、皮脂が過剰に分泌されていると毛穴が大きく見えてしまいます。また毛穴が開いている状態が続くと、汚れが詰まったり黒ずみの原因になります。汚れをしっかり落とすだけでなく、毛穴を引き締めること、これもお肌の凹凸を綺麗にするために必要です。

毛穴を引き締めてくれる収れん化粧水を使ったり、洗顔をした後の保湿ケアを徹底することで乾燥を防ぎ、必要以上の皮脂が分泌されないようにすることも大切です。

この機会にスキンケアの方法を一度見直してみるといいですね。もし、スキンケアだけでは凹凸が綺麗にならない時には、メイクでカバーする方法もあります。まずは凹凸がある部分をカバーするために、化粧下地をしっかり塗ってあげましょう。ニキビがある部分にはコンシーラーを使うことでカバーすることができます。ただし、メイクでカバーするのは一時的な対処法です。お肌を内側から綺麗にしていくためには、汚れを落とし、お肌のターンオーバーを正常に戻すこと、毛穴が広がらないように皮脂分泌をおさえる乾燥対策をしっかり行うことが大切です。

お肌の凸凹が気になり出したら、それはお肌が不調を訴えているサインです。是非、気づいた今からスキンケアを見直してみましょう。凸凹のないつるんとした美肌を目指し、健やかなで健康なお肌を手に入れましょう!

2年間で毛穴レス肌になった5つのメソッド

スキンケアの悩みの一つとして「毛穴悩み」があると思いますが、皆さんどうしていますか?実は私、2年かけて毛穴レス肌を研究して、ついに毛穴がほぼ見えない肌になることができたんです!というのも、2年前に美容系会社の社長に出会ったからなのですが・・・(笑)

彼にアドバイスを受けながら研究を続けることで毛穴レスのメソッドに気がつくことができました。今回はこの2年間私が行ってきたことをご紹介しようと思います。

①クレンジングと洗顔に一番お金をかける

「毛穴を隠すために高いファンデーションをほしい」「一番最初に肌に触れる化粧水にお金をかけるべきでしょ」と思っている方も多いかと思いますが、一番大切なのはクレンジングと洗顔です。肌に乗せるものよりもまず「肌の汚れをきちんと落とせているか」で日々の肌の状態は変わってきます。どんなに高いものを肌に塗っても、1日の終わりに肌が健康で清潔な状態になれなければ、それらは意味がないのです。なので自分にあった高品質のクレンジングと洗顔を見つけるところから毛穴レスメソッドは始まります。

そして、この2年間で彼に一番怒られたのが・・・クレンジングをサボること。とても疲れていたのでクレンジングができるシートで拭き取って済ませようとしたら、「今までの努力が台無しになって肌が元に戻ってしまう!」と言われてしまいました。たとえお金をかけることはできないとしても、一手間は忘れてはいけないのです。

②ベースを石鹸落ちコスメにする

上記のように、大切なのは1日の終わりにきちんと肌を健康で清潔な状態にできること。落ちづらく肌に負担のかかるベースメイクではなく、石鹸で落ちる軽さのものを使うことでメイク中もメイクを落とした後も肌に良い状態であれます。

石鹸落ちだからと言って本当に洗顔しかしないのは避けたいところ。洗浄力が低くても刺激の少ないクレンジングで軽く落としてから洗顔すれば、メイクの落とし残しは無くなります。

③顔は「拭かない」

肌に出来るだけ刺激を与えたくないので、朝の洗顔後に顔を拭きたいときはティッシュ2枚で水分をふわっと抑えるだけにしています。夜お風呂からあがった後は全く顔を拭かず、体を拭くのと同時進行でそのまま化粧水を軽くかけておく。

そうすると着替えながらも肌の潤いは保たれるので全裸で慌ててスキンケアをする必要が無くなります。

④化粧水は斜め上にプレス

化粧水において大切なのは値段よりも、プレスの仕方。何も考えずに化粧水をハンドプレスしたり肌を叩くようにしていると、肌にダメージを与えてしまったり、毛穴が目立ってしまったりします。斜め下から上に、気持ち持ち上げるくらいの角度でプレスすることで毛穴を目立たせずに化粧水を浸透させることができます。

逆に毛穴に対して斜め上から下に押し付けるようにプレスする方法はNGです。

⑤特別な毛穴ケアはしない

ポツポツやザラザラ、黒ずみなどがどうしても気になって、それら専用の毛穴ケア用品を使ってどうにかしたくなってしまうときってありますよね。しかし、毛穴はそういった特別ケアで刺激することが一番ダメなのです。気長に触らず放っておきながら、上記のようなきちんとしたスキンケアをすることが、毛穴レス肌になる1番の近道です。

いかがだったでしょうか。とてもシンプルですが「継続は力なり」です。皆さんも是非試してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。